現在のスマートフォン

  • スマートフォンの歴史として、最後に紹介するのは11年以降についてです。この時期になると、本格的にスマートフォンが多くの人に使用されるようになり、一般的な携帯電話の座に収まる時期となってきました。今となっては携帯電話使用者の半数以上がスマートフォンの使用者となっており、それ以前にいわゆるガラケーについては生産が終了していることも多く、そもそもスマートフォン以外の選択が難しくなっている、というのもその背景にある部分でもあります。

    この時期のスマートフォンになって、大きな変化だったといえるのが、サードパーティのアプリケーションが本格的に利用できるようになり、導入されるようになってきたことでした。これによってスマートフォンにおける機能性というものは格段に向上することになり、行なう事ができることが多くなったことにより、多くの人の需要に合致するようになった、というのが大きなポイントと言えるでしょう。それまではコアな目的を持っている人の需要を満たしているに過ぎなかったスマートフォンが、今では多くの人の目的を満たす事ができるようになり、それによって多くの人によって使用される端末としての地位を確立している、というのが大きなポイントと言えます。